出会い系サイトのほうが目的ははっきりしています

SNSはブログの要素や近況報告という要素が強い気がします。

それに比べると出会い系サイトは純粋に出会いを求めることに重点を置いている分、有利かもしれません。

実際に比べてみました

出会い系サイトとSNS、どっちが女をたくさんいただけるのか、今回はっきり白黒つけようと思っております。

まず、出会い系サイトの中でもかなり有名なサイト3社に登録し、一週間継続して毎日利用します。女性へのアポは無制限、時間の許す限りアタックしまくります。

そしてSNS、こっちも有名な某SNS3社に登録し、一週間とにかくいろんなコミュニティに入りまくって女性に声をかけまくります。そしてこの一週間のうちどれだけ連絡先を交換できるか、そして会う事ができるか。そしてヤれるか。

これで出会い系サイトがいいのかSNSがいいのか、はっきりさせようと思っています。さて、まず出会い系サイト、こちらはまずさまざまなプロフィールを設定し、自分のアピールコメントを登録できるだけでなく、自分の好みがどんな人かを設定しておくと、その好みのタイプを検索して紹介してくれたりもします。これは便利ですよね。逆に自分の設定したプロフィールが誰かの好みに引っかかれば、その人に紹介してもらえるという嬉しいサービス。ではさっそく実証です。3つの出会い系サイトでとにかく片っぱしからメールを送りまくります。

これでいったい何人の人にメールしたのかと言うと、一日で約150人くらいにはメールしたんじゃないでしょうか。うーん疲れる。これで返事がきたのが10人。返信率が約8%。これはちっと厳しいですね。

この調子で3日間メールを送りまくって、出会い系サイトでやりとりができたのが34人でした。対してSNS。こちらは実名登録のものもありますから、あまり気軽にナンパができない、向こうもいきなりメッセージが来ても警戒している場合もあります。ですがそこはお構いなし、とにかく異性との出会いを求めているような人たちの集まるコミュからメッセージを送信しまくり、3日間で連絡を取れたのが7人。

あれ、出会い系サイトよりだいぶ少ない。ここから直接やり取りをしていくわけですが、なかなかガードが堅いんですねーSNSで捕まえた子は。それに比べ出会い系サイトの方は下ネタなんかもけっこう笑ってくれるしノリも良し。やっぱりアダルト掲示板なんかもある出会い系サイトは、女の子のノリも軽いんでしょうか?最終的に実際に会う事ができたのが出会い系サイトが5人、SNSは一人も会えませんでした。もっと時間が必要かもしれませんが。どちらを使った方が効率的か、おわかりいただけましたら幸いです。